ピンボール北斗のジャギ

メモリーグラフ:同一構図撮影を支援するカメラアプリによるフィールドワークの展開

メモリーグラフは、同一構図撮影を支援するカメラアプリである。同一構図撮影は、今昔写真、ビフォーアフター写真、定点観測写真、聖地巡礼写真、位置証明写真、撮影シミュレーションなど、写真を用いた様々なフィールドワークの基本となる作業である。この作業を支援するため、アプリは以下の機能を備える。第一に、カメラのファインダー上に基準とする写真を半透明で表示し、実世界の景観を写真に合わせて撮影することで、撮影位置と景観変化の両者を同時に記録できる。第二に、写真を参加者で共有できる「共有プロジェクト」を用いてフィールドワークを進めることで、参加者がフィールドワークを振り返りながら議論し考察を深めることができる。本論文ではフィールドワークの例として、京都でのまちづくり活動とシルクロードでの遺跡調査を取り上げ、それらのフィールドワークにおけるメモリーグラフの利用と成果を紹介する。

文献情報

北本 朝展, 髙橋 彰, 矢野 桂司, 佐藤 弘隆, 河角 直美, 西村 陽子, "メモリーグラフ:同一構図撮影を支援するカメラアプリによるフィールドワークの展開", デジタルアーカイブ学会第8回研究大会, Vol. 7, No. s2, pp. s130-s133, , 2023年11月

BibTeX フォーマット

      @InProceedings{ daj23a,
      author = {北本 朝展 and 髙橋 彰 and 矢野 桂司 and 佐藤 弘隆 and 河角 直美 and 西村 陽子},
      title = {メモリーグラフ:同一構図撮影を支援するカメラアプリによるフィールドワークの展開},
      booktitle = {デジタルアーカイブ学会第8回研究大会},
      volume = {7},
      number = {s2},
      pages = {s130-s133},
      year = 2023,
      month = 11,
      doi = {10.24506/jsda.7.s2_s130},
      note = {},
      }
    

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 |